知覚器官としての歯

Jay Harris Levy,DDS

要約:

咀嚼は、歯の構造を保護するように設計されたユニークで複雑な神経制御シ このプロセスの一環として、機械的知覚は、緊張、圧力、振動などの刺激によって引き起こされる接触または機械的変位の無意識の感知または意識的知覚 歯内治療された歯および歯科インプラント保持プロテーゼは、重要な歯よりも機械感覚情報を提供しません。 その結果、歯の摩耗と非vital歯の壊滅的な故障が続く可能性があります。 感覚器官としての歯と呼ばれる歯科における新しいパラダイムを提案した。

十七年前、Ddsのピーター-ドーソンの学生として、この著者は彼の患者で最初にこう合の干渉の除去が彼らの顎をより速く開閉し、excursive顎の動きによってよ その結果、著者は科学文献を探索することによってこれらの現象の原因を調査するよう動機づけられた。 研究は、関連する科学的出版物の膨大な量が存在していたが、咬合療法のための科学的根拠は不明のままであることを示した。 咬合療法の成功を理解するためには、神経生理学、バイオメカニクス、組織学などの広く異なる分野からの情報と、設計された個々の学際的な研究プロトコ この記事では、これまでの調査結果をカプセル化します。

機械受容

歯は、生命に栄養を与え、維持するために機能する特殊な器官です。 人々が食べる間、脳は口の中の食物の質感と硬さを以前の遭遇と急速に比較し、最良の咀嚼戦略を決定します。 最適な咀嚼力とリズムは、ボーラスが徐々に小さくなるにつれて、歯や軟部組織との食物ボーラスの接触からの触覚感覚フィードバックに基づいて開発され 咀嚼の厳しさに耐える歯の能力は、耐久性のある石のような構造と、歯の完全性を維持するための複雑な神経制御システムを有することに依存する。 この神経制御システムの礎石は、歯とその歯周靭帯内の機械受容体の絶妙に敏感なネットワークです。 歯科mechanoreceptorsは一生の間に膨大な量の食糧を霧状にする間、歯が耐える圧力を最小にする蝕知の感覚的なフィードバックの提供の重大な役割を担う。 不正咬合または中枢神経系の病気のような病理学的条件の影響下で、歯のmechanosensoryシステムはbruxismおよび食いしばりのような破壊的なoromotor行動の、促進の重要な役

学習目標

この記事を読んだ後、読者は次のことができるはずです。

  • 機械受容と感覚運動統合の役割を説明します。
  • いくつかの歯科処置がこの複雑なプロセスに悪影響を与える可能性があることを認識します。
  • 歯を感覚器官として説明します。

機械的知覚は、身体の外部からの刺激から生じる無意識の感覚または意識的な触覚または機械的変位である。 機械受容体は、緊張、圧力、または振動などの機械的刺激に応答する感覚末端器官である。

扱われるか、またはかまれる精巧に織り目加工の目的の認識そして認識はサイズ、形および荒さから起こる蝕知の手掛りを符号化する機能に依 これらの手がかりのエンコードは、主にゆっくりと適応(SA)と急速に適応(RA)機械受容体を含む機械受容体の二つのタイプの結果として発生します。 メルケルやルフィニのようなSAメカノレセプターは、刺激(例えば、タッチ)が活性のままである限り、活動電位の連続的な流れを発射する。 それらが接触の間に絶えず発射するので、SAのmechanoreceptorsは目的が歯の間にあること意識を提供するために最も適している。

テクスチャ加工されたオブジェクトが皮膚や歯の表面に擦れると振動が発生します。 MeisnerやPacinian小体などのRA機械受容体は、振動または急速に加速する刺激の開始時に短時間発射し、すぐに停止し、新しい刺激に応答して急速に再発射するこ RAのmechanoreceptorsの急速なオン/オフ発射の特徴はそれらを組織上の査定と関連付けられる振動を感じるためにうってつけにさせる。

歴史的に、歯の触覚感覚機能は、歯周機械受容体および豊かに神経支配された歯髄に対する痛み知覚にのみ帰されていた。 しかし、研究は、歯内の機械受容体が触覚感覚機能において重要な役割を果たすことを示している。 1955年にLowensteinとRathkampによる研究では、非vital(すなわち、根管治療歯)の触覚感覚閾値を重要な歯と比較し、非vital歯の触覚閾値が対側の重要な歯の触覚閾値よりも57%高1著者らは、歯内の特殊な機械感覚機構が触覚感覚機能に寄与していると結論づけた。 1975年にリンデン2は、生命歯と非生命歯の閾値の有意差を同定することができなかった。 リンデンによって使用される歯の刺激の方法はLowensteinおよびRathkampのよりかなり異なっていたが、リンデンの調査は歯周の受容器が歯科mechanosensationにかかわる主な受容器3

かつてはAdおよびC疼痛神経線維(すなわち侵害受容性)のみを含むと考えられていたが、生理学的調査により、歯髄には急速に伝導するAb mechanoreceptive繊維が多数含まれていることが発見された。4DongとChudler5は、刺激された歯内神経から脳幹と視床を通って体性感覚皮質に神経軸を移動するインパルスの経過時間を測定するために、猫の電気生理学的記録技術を使用しました。 彼らは、いくつかの歯内神経がAd疼痛線維よりもはるかに速く体性感覚皮質に機械感覚情報を伝達することを決定した。 これらの歯内神経は,その急速な伝導速度に基づいてA B機械受容線維に分類された。 同様の結果がmonkeys6で繰り返されており、最近ではAb歯髄神経が体性感覚皮質の特定の位置にマッピングされており、ペンフィールドとジャスパーによって最初に記述された古典的な”感覚ホムンクルス”7に機械受容性歯髄神経を効果的に追加しているヒトでも同様の結果が繰り返されている。8

猫の研究では、歯内および歯周機械受容体の神経生理学的特性が機能的に異なることが示されている。9,10犬の歯の異なった屑のサイズの摩擦紙やすりは三叉神経節ニューロンで起こるために頻度符号化された排出パターンを引き起こします。 これらの排出パターンはintradental mechanoreceptorsが機械振動を符号化できることを示す屑のサイズに独特である。 歯内メカノレセプターは応答特性を迅速に適応させ,広い周波数範囲にわたって振動を符号化する。 歯周メカノレセプターはゆっくりと応答特性を適応させ、より低い振動周波数のみを符号化する(図1)。 歯内機械受容体は、すべての方向(すなわち、全方向性)から歯に加えられる力に応答するのに対し、歯周機械受容体は、特定の方向(すなわち、単方向性)から サルでは、歯周機械受容体は、後歯よりも前歯の周りに多くあり、11これは、前歯の触覚閾値が後歯の触覚閾値よりも低いことを示す報告を部分的に説明12

人間の皮膚を介した振動知覚は、把握されたテクスチャオブジェクトの正確な知覚のために不可欠です。同様に、歯を通る振動知覚は、口の中に配置された質感のある物体の正確な評価を可能にする。 人間の歯の振動知覚しきい値を評価するための試験を開発した。 結果は、歯内メカノレセプターは、オブジェクトのテクスチャの違いを識別するのに十分な低振幅で振動触歯刺激をエンコードすることを示しています。14-17これらの実験は、重要な上顎および下顎切歯が低振幅で10ヘルツ(Hz)と315Hzの間の振動をエンコードし、歯内治療された歯は振動をエンコードする能力を欠いていることを示している。

著者の研究は、歯内機械受容体の存在を確認し、歯内処置は、歯を有する物体の組織学的評価に関連する振動を知覚する患者の能力を制限する可 さらに、結果は振動知覚閾値が刺激周波数に関連していることを示し、LowensteinとRathkamp1とLinden2による以前の研究の矛盾する結果は、それぞれの歯の刺激方法によ

歯内の機械受容体を失ったため、非歯は無意識のうちに通常よりも強い咬合力の使用を可能にする可能性があります。 最終的には、咬合力の上昇は、歯の摩耗および非歯の壊滅的な骨折につながる可能性があります。 この仮説は、非歯に関連する過度に高い骨折率によって支持されている。18

感覚運動統合

感覚運動統合は、身体の末梢部からの感覚入力が中枢神経系によって開始された行動を変更するフィードバックプロセスである。 このプロセスは、主に脳幹、視床、および皮質で発生します(図2)。 咀嚼システムでは、感覚運動の統合は、呼吸、摂食、嚥下などの基本的な活動を、パフォーマンス中に発生する感覚で調整します。

顎と歯の閉塞は、補綴用語の用語集で定義されているように、”閉鎖の行為またはプロセス”です。

顎と歯の閉塞は、”閉鎖の行為またはプロセス”です。

“19オクルージョンは、意図的でリズミカルな顎の動きが、動きの間に経験した感覚や以前の動きの記憶と統合される動的なプロセスです。 皮質、小脳、および脳幹からの遠心運動コマンドは、歯、筋肉、顎関節、骨、および軟部組織からの末梢感覚フィードバックと統合されている。 閉塞は、咀嚼の筋肉の活動を調整するために感覚運動の統合に依存する。

身体の関節系(例えば、腕および脚)の大部分における運動協調は、拮抗筋群(すなわち、外転筋および内転筋)における固有受容体(例えば、筋肉スピンドル) 咀嚼システムは、その内転筋(すなわち、顎閉鎖筋)のみが筋肉スピンドルによって神経支配されるという点でユニークである。20,21このユニークな神経アーキテクチャの結果として、顎開口筋の制御は、他の関節システムよりもmechanosensory受容体(すなわち、歯内および歯周mechanoreceptors)からの触覚感覚フィー

機械的な歯の接触は非常に迅速な顎の反射行動を生成します。 顎の反射は過度に強いかむ力から歯を保護すると考えられます。 歯の接触が顎閉鎖筋肉の抑制または興奮を誘発するかどうかは、力の適用速度および背景の食いしばりレベルを含むいくつかの変数に依存する。機械的な歯の刺激後の顎閉鎖筋肉の反射阻害は、顎開口反射または無声期間と呼ばれることがある。 ヒトでは、顎開口反射は、歯の接触に続いて、顎閉鎖筋肉(すなわち、咬筋、側頭骨、および内側翼状骨)および咬合力の低下の急速な阻害によって特徴付けら 予想外に高いかむ力が起こるとき(例えば、レンズ豆スープの石)顎開始反射は急速に顎閉鎖筋肉を締めることによって歯のひびを防ぐかもしれません。

Olgart et al23は、犬の歯に加えられる曲げ力に応答して、猫の顎開口反射を監視しました。 彼らの結果は、重要な歯に加えられた曲げ力が顎開口反射を呼び起こし、その後の歯内処置はこの反射を廃止することを示した。 結論として,Olgartらは,歯冠の変形または屈曲によって活性化される象牙質に特殊な感覚トランスデューサ機構が存在すると推測した。

TrulssonとGunneは、歯科機械受容体を欠いている人々において、”特定の顎運動行動の制御における顕著な障害”を観察した。義歯とインプラントを持つ24人の参加者は、重要な歯を持つ参加者と同じくらい正確に顎を配置することができず、歯の間にピーナッツを保持するため これらの知見は、インプラントおよび義歯補綴物が貧弱な噛む制御の結果として機械的損傷を受ける可能性が高いことを示唆している。

RAのintradentalおよびSAの歯周のmechanoreceptorsはexcursive顎の動きの間に歯が互いを過ぎて操縦されると同時にmechanosensory情報の流れを発生させます。 これらの受容体からの機械感覚情報の感覚運動統合は、遊行運動の経過および速度を調節する。 犬歯および切歯の指導を有する患者は、遠足中に接触する歯が少なく、グループ機能および非働く側の干渉を有する患者よりも統合する機械感覚情報が 小旅行の間の干渉の歯の接触の数を高めることは付加的なmidcourseの訂正が動きを達成するために必要であるので中枢神経系により多くのmechanosensory情報を統合

後咬合干渉は、遊行顎運動中の咀嚼筋の制御のために犬の歯の接触と競合する(図3)。 顎閉鎖筋活動のための競争は、後部干渉歯の接触が作業側の前歯の接触によって開始されたものとは異なる筋肉動員パターンを呼び起こすときに起 咬合歯の接触競争は、顎の筋肉が過労になるにつれて、口腔顔面領域における筋肉の多動を誘発する可能性がある。 これは、これらの筋肉の痛みを引き起こす可能性があります。 筋肉募集のための減らされた競争は働くことおよびnonworking側のこう合の干渉の除去が側面顎の脱線の速度を高め、筋肉多動を減らし、bruxing行動を変えるこ25,26

歯科におけるパラダイムシフト

クーンは、科学の進化にパラダイムという用語を適用しました。 クーンは”と書いている。..パラダイムは、受け入れられたモデルまたはパターンです。…新しいパラダイムは、フィールドの新しい、より厳格な定義を意味します。…パラダイムまたはパラダイムの候補がない場合、与えられた科学の発展に関連する可能性のあるすべての事実は、同様に関連しているように見える”新しいパラダイムの獲得によって無関係な事実が取り除かれるので、閉塞の分野を覆う27の論争は時間内に解決されるかもしれない。 感覚器官としての歯は、歯科における新しいパラダイムである。

この範例では、歯の接触はoromotor行動を形づけるmechanosensory情報の流れを始めると理解されます。 歯内治療された歯および歯科インプラント保持プロテーゼは、重要な歯よりも機械感覚情報を提供しません。 咬合力の大きさは、筋肉活動を抑制し、歯、顎関節、および歯周装置への構造的損傷を制限することができる機械的感覚フィードバックによって影響されることが明らかになった。 こう合療法の機能は、顎の筋肉活動およびoromotor行動を変化させるための機械感覚流の操作として解釈することができる。 このような治療の目的は、機能的咬合力を低下させ、咀嚼系の健康および寿命にプラスの影響を与える運動行動の変化を促進することである。

将来的には、感覚器官としてのパラダイム歯の適用は、補綴治療計画を変更することができます。 歯科インプラントおよび非vital歯が保護mechanosensationで不十分であるのでより高いかみ傷力のレベルに露出されて本当らしいという事実を組み込む作戦は開発されるかもしれません。 保守的な歯の準備へのバイアスは、手術手順が歯内機械受容と有害な噛む力から身を守るために重要な歯の能力にどのように影響するかの広範な知

1.Loewenstein WR、Rathkamp R.歯のpressoreceptive感性に関する研究。 J Dent Res.1955;34(2):287-294.

2.リンデンRWA. 重要な、非重要な人間の歯のタッチしきい値。 エクス-ニューロル 1975;48:387-390.

3.Dubner R,Sessle BJ,Story AT. 口腔および顔面機能の神経基盤。 ニューヨーク、ニューヨーク:プレナムプレス;1978:159。

4.Cadden SW、Lisney SJW、Matthews B.Ab、Ad、およびC繊維伝導速度を有する猫の犬の歯髄における神経の電気刺激に対する閾値。 脳Res.1983;26:31-41.

5.ドンWK、チュドラー EH。 猫における歯髄誘発遠場および早期近場電位の起源。 Jニューロフィジオール 1984;51(5):859-889.

6.Chudler EH,Dong WK,Kawakami Y.サルにおける歯髄誘発電位:皮質表面と皮質内分布。 痛み。 1985;22(3):221-233.

7.久保K,渋川Y,新谷M,et al. 人間の歯髄の皮質表現領域。 J Dent Res.2008;87(4):358-362.

8.ペンフィールドW、ジャスパー HH。 てんかんと人間の脳の機能解剖学。 ボストン、マサチューセッツ州:リトル、ブラウン&会社;1954。

9.Dong WK,Chudler E H,Martin RF. 歯内メカノレセプターの生理学的特性。 1 9 8 5;3 3 4(2):3 8 9−3 9 5。

10.Dong WK,Shiwaku T,Kawakami Y,et al. 歯根膜メカノレセプターと歯内メカノレセプターの静的および動的応答。 Jニューロフィジオール 1993;69(5): 1567-1582

11.Byersさん、ドンWK。 ラット、ネコ、サルとの歯の異なるタイプの歯根膜における三叉神経受容体の位置と構造の比較。 Jコンポロール… 1989;279(1):117-127.

12.Coffey JP,Williams WN,Turner GE,et al. 特定の上顎および下顎の歯を使用して人間のかみ傷力の差別。 Jオーラルリハビリ… 1989;16(6): 529-536.

13.Brisben AJ,Hsiao SS,Johnson KO. 手で把握される目的を通って送信される振動の検出。 Jニューロフィジオール 1999;81(4): 1548-1558.

14.Robertson LT,Levy JH,Petrisor D,et al. 人間の上顎および下顎の中央切歯の振動知覚しきい値。 アーチオーラルバイオール 2003;48(4):309-316.

15.Levy JH,Robertson LT,Lilly DJ,et al. ヒトにおける歯の接触の機械受容における歯内求心性の可能性のある役割。 J Dent Res.2002;81(spec iss A):3199.

16.Petrisor D,Levy JH,Robertson LT.ヒト上顎および下顎切歯の触覚閾値。 J Dent Res.2002;81(spec iss A):3200.

17.Levy JH,Robertson LT,Lilly DJ,et al. 人間の上顎中央切歯の低周波振動しきい値。 2003年Jデントリサーチ;82(スペックA):1110.

18.アクイリーノSA、キャプランDJ。 歯冠の配置と歯内治療歯の生存との関係。 Jプロテーゼ凹み… 2002;87(3): 256-263.

19.補綴用語の用語集です。 Jプロテーゼ凹み… 2005;94(1):10-92.

20.Lennartsson B.筋肉は人間の前のdigastric筋肉で紡錘する。 アクタ-オドントル-スカンド 1979;37(6):329-333.

21.人間の顎筋肉へのKubota K.Muscle紡錘の供給。 J Dent Res.1977;56(8):901-909。

22.Yang J,Türker KS. 人間の歯の機械的刺激によって誘発される顎の反射。 Jニューロフィジオール 1999;81(5):2156-2163.

23.Olgart L、Gazelius B、Sundström F.猫の歯の機械的変形に応答した歯内神経活動および顎開口反射。 Acta Physiol Scand. 1988;133(3): 399-406.

24.Trulsson M,Gunne HS. 歯周受容体を欠いているヒト被験者における食物保持および噛む行動。 J Dent Res.1998;77(4):574-582。

25.カーステインRB. Disclusionの時間測定の調査;パート2:40の非患者への49の慢性のmyofascial苦痛の機能障害シンドロームの患者のdisclusionの時間の長さの比較。 母集団分析。 Jプロテーゼ凹み… 1994;72(5): 473-480.

26.Trovato F、Orlando B、Bosco M.咬合機能および咀嚼筋活動。 筋電図研究のレビュー。 Stomatologija。 2009;11(1):26-31.

27.Kuhn TS. 科学革命の構造。 シカゴ,イリノイ州:シカゴ大学プレス;1962:15-23.

クイズを受けて、このコースのクレジットを受け取るには、ここをクリックすると、Dawson Center CEポータルにリダイレクトされます。
ありがとう

著者について

ジェイ-ハリス-レヴィ、DDS
プライベートプラクティス
ポートランド、オレゴン州

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。