後骨間動脈

後骨間動脈(背側骨間動脈)は前腕の動脈である。

後骨間動脈

Gray529。png

前腕と手の後ろの動脈。 (中央右に標識された背側の骨間。

Gray526。png

Supinator。 (背側のinterosseus art. 中央右にラベル付けされています。)

Details

Source

Common Interosseous Artery

Supplies

Extensor digiti minimi, Extensor pollicis longus, Extensor pollicis brevis, extensor digitorum, extensor indicis, abductor pollicis longus

Identifiers

Latin

arteria interossea posterior

TA98

A12.2.09.050

TA2

FMA

解剖学的用語

斜めのコードと骨間膜の上の境界の間を後方に通過します。 それは、supinatorとabductor pollicis longusの連続した境界線の間に現れ、筋肉の表在層と深部層の間の前腕の後ろを走り、両方に枝を分配する。

それは外転子pollicis longusと伸筋pollicis brevisの上にある場合、それは背骨間神経を伴う。 前腕の下部では、それは、骨間動脈の終端、および背側手根網と吻合する。

それは、その起源の近くで、外側上顆とolecranonの間の間隔に上昇する骨間再発動脈を、仰臥位の繊維上または通過するが、anconeusの下に放出し、profunda brachiiの中側副枝、後尺骨再発および下尺骨側副枝と吻合する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。