交通チケット:降伏への失敗

自動車を運転している間、通行権で降伏に失敗すると、重大な事故 ミズーリ州の法律を得るために失敗し、あなたがMRD弁護士で起訴された場合に何をすべきかについての詳細を学びます。

降伏の失敗–交通チケット法

引用:MO Rev Stat§304.351(2018)

304.351。 交差点での通行権-交差点での標識-違反、ペナルティ—追加の罰則—定義-サスペンションの順序、内容、アピール。

  1. 交差点に近づいている車両の運転者は、異なる高速道路から交差点に入った車両に通行権を与えなければならないが、そのような交差点での交通制御の形態はない。
  2. 二つの車両がほぼ同時に異なる高速道路から交差点に入ると、左側の車両の運転手は右側の車両の運転手に道の権利を譲るものとします。 この項は、そのような車両のいずれかの運転者が左折しようとしているか、または左折しようとしているときに、反対方向から互いに接近する車両には適用されないものとする。
  3. 左折しようとする交差点内の車両の運転者は、交差点内またはそれに近い反対方向から接近する車両に対して、即時の危険を構成するように、通行権を与えなければならない。
  4. (1)州の高速道路および交通委員会は、州の高速道路およびその管轄下にある他の高速道路を参照して、高速道路を介して指定し、指定された入り口に停止標識または歩留まり標識を立てることができ、または任意の交差点を停止交差点または歩留まり交差点として指定し、そのような交差点への一つ以上の入り口に停止標識または歩留まり標識を立てることができる。

(2)交差点における優先的な通行権は、このセクションで許可されているように、停止標識または降伏標識によって示されることがあります:

(a)警察官または交通管制信号によって進行するように指示された場合を除き、停止標識で示された停止交差点に近づく車両のすべての運転者は、明確にマークされた停止線で停止しなければならないが、何もない場合は、交差点の近くの横断歩道に入る前に、または何もない場合は、運転者が交差点に入る前に交差点に接近するというビューを持っている交差点に最も近い点で停止しなければならない。 停止後、運転者は、別の高速道路から交差点に入った車両、またはそのような運転者が交差点を横切ってまたは交差点内を移動している間に即時の危険

(b)歩留まり標識に近づいている車両の運転者は、標識に従って、既存の条件に合理的な速度に減速し、安全が停止するために必要な場合は、明確にマークされた停止線で停止しなければならないが、何もない場合は、運転者が交差点の道路上のトラフィックに接近するビューを持っている交差点の道路に最も近い点で停止しなければならない。 減速または停止した後、運転者は、交差点内の車両または他の高速道路に接近して、そのような交通が交差点を横切ってまたは交差点内を移動している間に即時の危険を構成するように、通行権を譲るものとする。

    1. 路地、建物、または私道または私道から高速道路に進入または横断しようとしている車両の運転手は、進入する高速道路
    2. 左折を路地、私道または私道にしようとする車両の運転者は、そのような左折を行うと交通危険が生じる場合には、反対方向から接近する車両に
    3. 州高速道路交通委員会または地方自治体は、それぞれの管轄区域にある道路に関して、建設または主要な保守作業が行われている区間において、適切な標識を掲示することにより、そのような地域の速度制限を修正することができ、そのように掲示された地域におけるそのような速度制限を超える自動車の運転は、不注意で軽率な運転およびセクション304.010の違反のプリマフェシー証拠とみなされるものとする。
    4. セクション304の規定にもかかわらず。361、このセクションの違反は、クラスC軽犯罪とみなされるものとします。
    5. このセクションのサブセクション8で指定されたペナルティに加えて、犯罪者が物理的な傷害を引き起こしたことが判明したこのセクションの違反に有罪を認めるか、有罪とされた人は、最大二百ドルのペナルティが評価されるものとします。 裁判所は、そのような人の運転特権の停止命令を30日間発行することができます。
    6. このセクションのサブセクション8で指定されたペナルティに加えて、犯罪者が重大な身体的傷害を引き起こしたことが判明したこのセクション 裁判所は、そのような人の運転特権の停止命令を90日間発行することができます。
    7. このセクションのサブセクション8で指定されたペナルティに加えて、犯罪者が死亡を引き起こしたことが判明したこのセクションの違反に 裁判所は、そのような人の運転特権の停止命令を6ヶ月間発行することができます。
    8. 本セクションの第9項および第10項で使用されるように、”身体的傷害”および”重大な身体的傷害”という用語は、第556.061項に記載されている意味を有す
    9. このセクションのサブセクション9、10、または11に基づく裁判所命令の停止については、部門のディレクターは、裁判所命令に記載されているように、そのような停止を課すものとします。 停止の順序には、犯罪者の名前、犯罪者の運転免許証番号、社会保障番号、および停止の発効日が含まれるものとします。 このセクションのサブセクション9、10、または11に基づいて課された停止の控訴は、裁判所命令の直接の控訴であり、巡回裁判所の主宰裁判官または運転免許証を停止するための元の命令を発行した裁判官以外の巡回裁判所内の別の裁判官による審査の対象となる。 運転記録上の裁判所命令サスペンションの収入のエントリのディレクターは、セクション302.311の下で検討する決定の対象ではありません。 このセクションの下で裁判所によって命じられた運転免許証の停止は、法律の他の規定の下で有罪判決の結果として発生する可能性のある他の停

有罪判決のペナルティ

有罪判決を受けなかった場合の罰則は、違反のために発生した結果または損害に大きく依存します。 違反が身体的傷害を引き起こした場合、最大200ドルの罰金と30日間の運転免許証の停止があります。 違反が重大な傷害を引き起こした場合、罰金は最大$500と90日間の停止期間に引き上げられます。 最後に、降伏の失敗が死亡を引き起こした場合、ペナルティは最大$1000であり、6ヶ月間の運転特権の取り消しです。

この交通違反に対する罰則は深刻であり、有罪判決を下すことができない可能性がある場合は、交通法の経験豊富な防衛チームに連絡することが重 MRD弁護士では、私たちはあなたの権利が支持されていることを確認するための経験を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。