アルゼンチンは、教皇フランシスコの故郷で強いカトリックの反対にもかかわらず、中絶を合法化

メキシコシティ(CNS)-アルゼンチンは、強いカソリックの反対と問題に深い分裂を示す世論調査にもかかわらず、妊娠の最初の14週の間に中絶を合法化している。

上院は、法案38-29Decを承認しました。 30緑のハンカチを持つ支持者と青いハンカチを持つ反対者として12時間の議論の後、朝の小さな時間の間に路上で決定を待っていました。 アルベルト-フェルナンデス大統領は、下院ですぐに承認された月に法律を提示し、法律に署名することを約束しました。

司教会議は、法律の承認に失望を表明したが、Decで述べています。 30声明それは”生命の心配そしてサービスの堅固そして情熱を使用し続けます。”

“渡されたこの法律は、私たちの国の分裂をさらに深めるでしょう”と司教たちは言いました。 “私たちは、私たちの国全体で、人生に有利な様々な方法で表現されている人々の感情から、私たちの指導者の遠隔性を深く後悔しています。”

司教はまた、”私たちの国で緊急の注意を必要とする本物の優先事項に取り組んで継続することを約束しました:ますます憂慮すべき数字で貧困に住”

妊娠の最初の14週の間に中絶を法的にし、公衆衛生システムを通じて無料でアクセスを提供する法律は、良心的兵役拒否を可能にし、16歳未満の患者に少なくとも一人の親または保護者の許可を得ることを要求するようにわずかに変更された。

フランシスコ法王の母国であり、依然としてカトリック教徒が多いアルゼンチンは、ウルグアイ、キューバ、ガイアナに続いて、中絶を合法化するラテンアメリカで四番目の国となった。

メキシコシティとメキシコのオアハカ州は、妊娠の最初の12週間の間に中絶を合法化しました。 アルゼンチンのフェミニスト運動のような合法化を求める社会運動はますます声高になってきていますが、中南米の一部の国では、すべての状況で中絶を非合法化しています。

ジャコブ-アンド-アソシエイツによる11月の世論調査によると、回答者の60%が中絶の合法化に反対し、27%が賛成した。 上院が中絶の合法化に反対票を投じた2018年に発表された世論調査では、より近い分裂が示された。

“人々は自分の個人的な状況を考えている”と、ブエノスアイレスの聖カハタン神社の司祭であるミゲル-アンヘル-モレイラ神父は述べています。 彼は、法案への支持の低下は、”経済とパンデミックの取り扱いとともに、厄介な政治に起因していた。”

司教たちは法案に対して懸命にロビー活動し、大統領との伝統的なクリスマス前の会議を忘れ、アルゼンチンの悪化する社会状況のお世辞の評価を公開することによって、フェルナンデスに不快感を示した。

ブエノスアイレスの山小屋で働く司祭-2020年にフェルナンデスと会い、パンデミック救済を支援することを約束した人-また、未解決の公衆衛生上の問題を指摘し、不快感を表明した。

“人々が食べるものを持っているので、私たちが働いているので、それは一定の怒りを引き起こし、彼らは少なくとも現時点では、これとは何の関係もな

司教たちは、上院での投票の前に祈りと断食の日を求めました。 司祭はまた、ミサを捧げましたDecを祝いました。 28プロライフの問題に聖なる罪のない人の饗宴のために。

“より良い年を始めることを望んでいる人にとって、この立法議題は希望をもたらさない”とブエノスアイレスの枢機卿Mario Poliは彼のhomilyで語った。 「私たちの注意を必要とする、解決すべき健康や社会的な問題が非常に多くあります。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。